History私たちの歩み

1991
  • 東京都墨田区錦糸にオリエンタルバイオ株式会社設立、健康食品の製造販売を始める

1996
  • 日本医科大学と協同乳業(株)が開発した「大豆発酵エキス(NT)」に関する全権利を取得

  • 「大豆発酵エキス(NT)」を配合した「ラフィーネ-アルファ」発売

1998
  • 「ラフィーネ-アイ」 「ラフィーネ-パル」「ラフィーネ-カン」 「ラフィーネ-ギンコ」発売

  • 「ラフィーネ-ジン」 「ラフィーネ-ペイン」「KS-ラフィーネ」発売

1999
  • 本社を東京都中央区日本橋久松町に移転

  • 「非特異的フリーラジカルスカベンジャー及びその製造法」として特許取得(第2843597号)

2000
  • 「R-バイオグルカン」発売

  • 「大豆発酵物由来抗酸化物質による畜肉の肉質の改良及び鮮度保持方法」として特許取得(第3118295号)

2001
  • 「動脈硬化予防食品」として特許取得(第3181650号)

2004
  • 「ラフィーネ-ベータ」発売

  • 「大豆発酵物由来抗酸化物質」として特許取得(第3513159号)

2005
  • 「ラフィーネ-エパゴールド」発売

2006
  • 国立大学法人山口大学大学院医学系研究科の小林誠教授との血管病予防食品
    共同研究事業が、NEDO(国立開発研究法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成金交付対象事業に採択される

2007
  • 「いきいきケフィア」発売

2008
  • オリエンタルバイオと山口大学が共同で推進する「血管病を予防する機能性食品の開発事業」が産学官連携事業の成功事例の一つとして独立法人 中小企業基盤整備機構より表彰される

2009
  • 「ラフィーネ-ペインゴールドエイジ」発売

2010
  • 日本農芸化学会2010年度大会にて「大豆発酵物由来抗酸化物質の活性酸素種消去活性」に関する研究内容を発表

2011
  • 第34回日本分子生物学会にて「大豆発酵エキスNT-40Mのアルツハイマー病に対する作用」に関する研究内容を発表

2012
  • 「ラフィーネ-アルファ」リニューアル、成分・パッケージ変更

2013
  • 2013年度大会日本農芸化学会にて「大豆タンパク質発酵抽出物の血圧降下作用」を発表

2014
  • 第68回日本栄養・食糧学会年次大会講演にて「ラット全身性虚血再灌流障害モデルを用いた大豆発酵物由来抗酸化物質の抗酸化作用および脳保護作用の検討」について発表

  • 日本薬学会 第134年会にて「大豆米糠発酵物(OE-1)からの血圧降下ペプチド単離・同定」を発表

  • 「アレルナイトプラス」発売

  • 90粒入りの「ラフィーネ-エパゴールド300」を発売、従来品の180粒入りを「ラフィーネ-エパゴールド600」と改名

  • 本社を東京都中央区日本橋本町へ移転

  • 顔の見える通販会社という取り組みをスタート

2016
  • 「βセクレターゼの活性阻害用組成物、β-アミロイドの凝集抑制用組成物、小胞体ストレス誘導体細胞傷害の抑制用組成物、及び神経細胞の突起伸長誘導用組成物、並びに抗アルツハイマー用飲食品」として特許取得(第6050644号)

  • 「大豆米糠発酵組成物及びその製造方法、並びに、抗高血圧組成物及び飲食品」として特許取得(第5940871号)

  • 「抗糖尿病組成物及び飲食品」として特許取得(第5940872号)

  • 「大豆発酵組成物の利用、及び飲食品」として特許取得(第5984512号)

  • 2016年度大会日本農芸化学会にて「大豆米糠発酵物(OE-1)の血圧上昇抑制における活性物質の解析」を発表

2017
  • 第24回日本未病システム学会学術総会にて「市販サプリメントを用いたアトピー性皮膚炎に対する改善効果の検討」を発表

2018
  • 日本薬学会 第138年会にて「生活習慣病に対する大豆米糠発酵物(OE-1)の有効性」を発表

  • 「楽しまナイト」発売

  • 「ラフィーネ-アルファ」大幅リニューアル、内容量増量・成分増量・パッケージ変更

  • 第63回日本透析医学会学術集会・総会にて「大豆発酵エキスNTは慢性維持透析患者の予後に関係する指標を改善する可能性がある」を発表

2019
  • 「Nst(エニスト)」発売

  • 「KENCOS(ケンコス)4」発売

  • 「ラフィーネエパゴールド」リニューアル、商品名変更・パッケージ変更・配合量変更

2020
  • 「ラフィーネエパゴールド 小粒タイプ」発売

  • 「アレルナイトプラス」リニューアル、パッケージ変更・飲用対象年齢変更

2021
  • ロゴマークの変更。『30年の歩みの先。ご縁を大切にした成長と継続性』という思いを込めた新ロゴとなります。