すべての工程は目の行き届く国内工場で製造

安心してご利用いただくために品質管理を徹底

当社の商品はすべての工程を、目の行き届く国内工場で製造し、一つひとつの商品の製造履歴を管理し、いつ、どの工場で作られたのかを把握しています。当社の扱っている商品は食品のため、鮮度も大切に保たなければなりません。
目の行き届く環境で製造することで常にお客さまからの発注状況に合わせて製造できることを可能としています。
お客様に見えない製造管理こそ、信頼・満足をしていただける重要なポイントと受け止め取り組んでいます。

健康食品GMPを取得した国内工場での製造

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で、製品の品質と安全性の確保を図ることを目的に、健康補助食品の製造管理と品質管理について管理方法の指針を定め、その工程を一つひとつ丁寧に確認しながら製造する製造管理手法のことを言います。
工場は厳しい規定に基づいて、いつ、誰が作業していも同じ品質、高い品質の商品を作れるように管理されています。
これにより、安定してお客様へ商品を提供することが可能になっています。

異物混入を防ぐために細部まで衛生管理

製造ラインに入る前は、清潔な作業着に着替え入念に手洗い・消毒してからマスク、キャップ、グローブを着用します。エアシャワーでチリやホコリを吹き飛ばし異物の侵入を防ぎます。

製造工程

ラフィーネアルファの製造工程をご紹介します

1発酵

独自成分NT(大豆発酵エキス)・OE-1(大豆・米糠発酵エキス) を作るうえで重要となるのが、この発酵過程です。温度・湿度・時間この条件がすべて揃わないと最適な発酵ができません。そのため発酵作業はすべて手作業で行います。
何度も繰り返し行った実験によりベストな温度、時間を探し出し最も効率的な発酵が可能になりました。
日々変わる条件に合わせて味、色、香り、粘度、抗酸化力を確認します。またほんの少しでも雑菌が混入すると最適な発酵が行われないため、作業はビニールカーテンで天井まで仕切られた作業室内で行います。天井に設置したフィルターから作業室内へ常に無菌の空気が供給され衛生的な環境を維持しています。
毎日の掃除はもちろん、週に1度は半日かけて空調ダクトなど細部に渡り清掃を行います。こうして作られた発酵物は冷凍保存され加工工場へ輸送されます。

  • 発酵作業はすべて手作業
  • 器具は使用前後に必ず煮沸消毒
  • ビニールカーテンで仕切られた
    作業室内

2独自成分 大豆発酵エキス NT を抽出

いよいよ特許を取得している独自成分大豆発酵エキス「NT」を抽出。
温度・時間・溶液の濃度など微妙な調整をし続けて大豆発酵物からNTを丁寧に抽出します。
その後さらに厳密な調整のもとで抽出した液体をろ過して不純物の取り除かれた澄明な大豆発酵エキスNTができあがります。こうして出来上がった大豆発酵エキスNTは冷凍状態で保存され充填工場へ運ばれます。

  • ろ過を行うタンク
    このタンクで機能性成分を
    じっくり抽出します
  • 鮮度を保つため充填されたNTは
    すぐに冷凍されます

3充填

STEP 01 : 抽出された大豆発酵エキスNTとその他の原料を配合します。

抽出された独自成分のNTと原料を配合します。
配合作業は製造の最後の要。配合量は特に細心の注意が必要です。
容器に原料が残らないよう最後の一滴まで確認し、配合成分のバラツキを防ぎます。

STEP 02 : 製品の仕上がりまでには、様々な検査を行います。

配合が完了したら、入念にチェック。充填の前後にさまざまな検査が行われ品質が保たれています。

  • pH チェック
  • 機械で色(L値)チェック
  • 比重チェック
  • 目視で色調チェック
  • 官能検査

STEP 03 : 充填作業はすべてコンピュータで制御されています。

オリジナル容器が金具で作られると同時に充填されます。容器が通常の形にカットされ 5本パックにされるといよいよ完成形に近づきます。 ※充填後に再度STEP2の検査が行われます。

  • ラフィーネ - アルファ誕生の瞬間です
  • すばやく大切に包装されていきます

Point

防腐剤を入れずに安定した品質を保つ秘密がここにあり!

お客様が安心してご愛飲いただけるよう、ラフィーネ - アルファは防腐剤不使用と飲みやすさにこだわっています。ブローフィルシールという専用の機械で容器の成型と充填をほぼ同時に行い、即座に殺菌処理を行うことによって、安心・安全の防腐剤不使用を実現しています。また誰でも簡単に開封できる柔ら かさと、安全性、そして利便性を追求した末にたどり着いたのがこの容器です。皆様にこれからも永くご愛飲いただけるように日夜研究を続けています。

STEP 04 : 念入りな検品と箱詰めは一本一本手作業で行います。

充填後はすべての作業段階で検品が行われます。プロの厳しい目で、1本1本を入念にチェック。
素人の目にはわからない、わずかな傷でも不良品としてはじかれます。
何人もの目を通して徹底的にチェックし、最終的に合格したものだけがお客さまの元に届きます。

  • 充填直後の確認
  • 殺菌作業後にもチェック
  • ラベル貼の直前に
  • ラベルマシーン
  • ラベル貼の直後もチェック
  • 1袋15本に袋詰め
  • 箱詰めまで丁寧に手作業で
  • 賞味期限の印刷
  • 最終チェックも人の目で
ページトップへ